これで安心!よい物流会社の選び方

商品・サービスに合った会社を選ぼう

良い物流会社を選ぶには、何を取り扱うのか、どこまで委託するのか、などによってさまざまな選択肢があります。食品・アパレル・精密機器など、商品によって適切な保管方法が違ってくるのです。例えば、食品を扱うのであれば、保管方法が冷凍か冷蔵か、定温か常温かによってそれぞれ異なる倉庫が必要になります。なので、どの物流会社が利用者にとって最適な設備を持っているのかを把握することが重要です。また、物流会社によっては、商品の検品やラッピングをサービスとして提供している場合があります。その分の人件費や労働時間を、商品開発や新たなサービスの展開などに割くことが出来るでしょう。どこまでを委託しどこまでを自力で行うのかについて、しっかり線引きしましょう。

物流ネットワークを見極めよう

物流会社は各地域に配送センターや営業所を配置して、それぞれ物流ネットワークを構築しています。商品の購入者が配送センターのあるエリアに住んでいれば、それだけ素早く要望に応えることが可能になります。なので、利用者が展開する商品・サービスが、特定の地域に重点的に展開されたものなのか、あるいは、全国にいる顧客に幅広く提供されたものなのかによって、どの物流会社を選べばよいのかが変わってくるのです。特定地域に配送センターや倉庫が多く立地している物流会社は、主にその地域でサービスを提供している利用者にとって最適な答えになるでしょう。また、国内だけでなく海外展開している物流会社も多く存在するので、どの地域に強い物流会社なのか見極めましょう。